介護老人保健施設とは?特別養護老人ホームとの違いやサービスについて解説

介護老人保健施設とは、入院治療を行っていた高齢者が、家庭に復帰する準備としてリハビリテーションを行うための施設で、老健と呼ばれることもあります。介護老人保健施設への入居条件は、要介護1以上で原則的に65歳以上の方。施設により別途、条件が付く場合もあります。この記事では、介護老人保健施設について、また特別養護老人ホームとの違いやサービス内容についてご紹介します。

介護老人保健施設とは?

介護 求人 東京,介護 転職 東京

介護老人保健施設とは、自宅復帰を念頭に置いたリハビリテーションを行うための施設で、要介護1以上の、医療ケアとリハビリテーションの必要がある高齢の方が入居する施設です。老健と呼ばれることもあり、比較的リーズナブルな費用で入居することのできる公的施設です。ただし、入所できる期間は限定されていて、3ヶ月ごとに入退所の判断が行われます。
医師や看護師、また理学療法士などが常勤しているため、総合的な体制で、家に帰るための準備をすることが可能です。施設ではそのほか、身体介護(食事、排泄、入浴)などのサービスが行われます。

家庭に本格的に帰るまでの道のり

老健に常勤している理学療法士、作業療法士、などのリハビリ専門スタッフは、サービス利用者の自宅がどのような環境なのかを確認したうえで、その環境を見据えたリハビリメニューを行います。また、ケアマネジャーと連携し、自宅復帰時に必要とされる福祉用具などについてアドバイスを行います。退所前には各専門スタッフが自宅を訪問し、実際の自宅での生活における注意点などのアドバイスも行っています。

老健と特別養護老人ホームの違い

老健と近いサービスを行う施設に「特別養護老人ホーム(特養)」があります。しかし、これら2つの施設には、実は大きな違いがあります。
老健は、在宅復帰を目的としている施設であることはお話ししてきたとおりです。そのためリハビリテーションに重点が置かれています。一方の特別養護老人ホームは、ベッドから動けない方にも対応していて、常勤の医師、リハビリ専門職が配置されています。入院期間にも特に制限はありません。

・老健
介護が必要な高齢者に医療ケアやリハビリテーションなどを提供し、自宅復帰をサポートします。入院可能なのは、要介護1から5に該当する人たち。居室のほか、退院後の生活に備えた設備の使い方や、機能回復に関わる施設が充実していることが特徴です。3ヶ月ごとに入退所の判断が行われます。
・特別養護老人ホーム
身体介護メインの自立支援を提供します。原則として、要介護3以上の、中度から重度の要介護高齢者が入居します。居室のほか、食堂、トイレ、浴室など、介護老人保健施設と比較すると、生活のための設備が整っていることが特徴です。入院期間に制限はないものの、人気があるため、なかなか入居できない場合もあります。

介護老人保健施設のサービス

老健では、在宅復帰のためのリハビリテーションが、それぞれの要介護者の状態に合わせて行われます。たとえば、ベッドから車椅子に乗り移ったり、ベッドから起き上がったり、手すりや歩行器を使ったり、などのメニューが最低週2回行われることになっていて、1回のリハビリテーションに費やされる時間は、およそ20分から30分となっています。
こうしたリハビリテーションを担当するのは「作業療法士」「理学療法士」「言語聴覚士」といったリハビリテーションの専門職。個々の健康状態、障害の状態に合わせたメニューがケアプランに沿って行われます。彼らを必ず配置しなければならないとされているのは老健だけ。これを見ても老健が在宅復帰のための施設だということがわかります。
最近は認知症患者向けの「短期集中型リハビリテーション」も行われるようになっています。この認知症患者向けのリハビリテーションは、症状の重度化を防ぐことに有効なことが、調査の結果、実証されています。
施設により、リハビリテーションの長さや頻度は異なりますので、ご利用をお考えなら、これらの点を考慮して選んでもいいでしょう。

介護老人保健施設の看護と医療について

介護老人保健施設では、個別の利用者に合わせたリハビリテーションに加えて、身体介護、生活援助、食事、そして医療の提供が行われます。
身体介護については、おむつの交換、トイレ、食事、着替えなどのサポートが行われます。また、入浴介護は週2回程度行われることが一般的です。
生活援助については、居室の清掃、洗濯、ベッドのシーツの交換などが行われますが、施設によって提供するサービスの内容には違いがあります。特に着替えなどの洗濯については、家族が持ち帰って行う場合や、外部に委託する場合もあります。
食事については、栄養士が管理する利用者個別のメニューが提供されます。塩分を抑えた食事や飲み込みに障害を持つ利用者に対応した食事にも対応しています。
介護老人保健施設は、入居者100人につき1人の医師を常駐させなければなりません。介護老人保健施設の医師は、入居者の診断・診療を行うことのほかに、介護やリハビリテーションの監督者的な役割があり、3ヶ月に1回行われる入退所の判断も医師が行います。

介護老人保健施設のメリットとデメリット

介護 求人 東京,介護 転職 東京

介護老人保健施設は、「在宅復帰」という目的がはっきりした施設です。そのため、その目的を達成するためには、理想的な施設であることに間違いはありません。しかし、どの施設においても当てはまることですが、メリットとデメリットはやはり存在します。

介護老人保健施設のメリット

介護老人保健施設では、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリ専門家によるリハビリテーションが行われています。医師を中心に、多くの専門職が連携しているので、利用者が入所して本格的なリハビリテーションを行う間、家族はリフォーム、介護用品の用意など、在宅復帰の準備を専門職と相談しながら進めることができます。公的な施設なので、民間の施設よりも、料金もリーズナブルに設定されていることもメリットだと言えるでしょう。介護保険ももちろん利用可能です。

介護老人保健施設のデメリット

介護老人保健施設には、いつまでも居続けることはできません。3ヶ月ごとに担当の医師が入退所の判断を行います。ここで退所可能だと判断された場合、自宅に戻ることになりますので、入所後は速やかに、専門のスタッフと相談して、受け入れ体制を整える必要があります。
また、介護老人保健施設では、リハビリ中心の生活になるため、あまりレクリエーションなどに時間が割かれることはありません。居室もほかの入所者と同居する場合が多くなりますので、この点もデメリットと言えるかもしれません。リーズナブルな料金で利用可能な介護老人保健施設ですが、それ故、人気が高く、入所まで順番を待たなければならない場合もあります。

介護老人保健施設とは、在宅復帰のためのリハビリテーションを行う場所

介護老人保健施設は、在宅復帰を見据え、個々の状態や家庭環境などを考慮してリハビリテーションを行う施設です。医師を頂点としたさまざまな専門職が連携し、入所者が家族の元に戻ることをサポートしてくれます。施設を選ぶ際は、このスタッフ間のコミュニケーションについて注目してみるといいでしょう。在宅復帰率という指標はあっても、施設の実際を確かめることも大切です。さらに入所者本人や家族の意向を反映し、ベストな選択をしましょう。